2007年05月02日

異種格闘技??

aa.jpgas.jpg

朝までの仕事が一段落したと思ったら今度は
朝からの仕事です。
朝8時30分現地集合!!

学校の音楽鑑賞会です。

そして楽器の編成は「異種格闘技状態??」

まずクラシックの金管奏者が7名、僕、
そして和楽器のグループ!
日本太鼓、三味線、琴、尺八。

まったくジャンルの異なる音楽家達とのコラボレーションです。

まずはクラシックのメンバーとのコラボレーション。
一番の違いはタイム感です。

僕のようなジャズ・ポップス系の人間はまずビートありき、
なのですが、彼らはまずメロディありきです。
つまり音楽を縦のラインで捉えるか、横のラインで
捉えるかの違いです。
今回は金管プレイヤーだけなので、そう違和感は感じませんが、
やはり所々少しギクシャクしてしまいました。
これがもし弦楽器のセクションだったら事態は最悪です。
ズレまくりのズレまくり、空中分解してしまいます。
あと譜面の書き方が大分違うので苦労します。
今回もハチャトリアンの「剣の舞」の中間部分で
本来4分の3拍子で書かれるはずの譜面が
4分の4拍子で延々3拍フレーズの連続として書かれていたのには
少々面食らいました。(4分の3で書けばいいやん)

そして次に和楽器とのコラボレーション。
邦楽の音楽は「間」の音楽です。
西洋音楽の1,2,3,4ではなく
「ヨ〜・ポン」の世界です。
幸いこの頃の和太鼓奏者はドラマー出身の方が
多く、ビート感が似てて割とやりやすいのと、
彼らも譜面が読めるのでコミュニケーションはとりやすいです。

まあそんなこんなで緊張感が漂いながらも楽しいステージ
でした。

それにしても和太鼓奏者のパワフルな撥さばきから
生み出される日本太鼓の音圧には圧倒されます。
まさにジョン・ボーナムもぶっ飛びです。
posted by リョージ at 21:19| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(3) | 音楽のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、セッションオヤジです。
トラックバック(自動でしょうか?)があり、光栄です。
記事を拝見し、「こういうの演りたい!」と思いましたね。いやあ、いいなあ。
以前にアフリカのアーティストのバック付けたときに「1、2、3、4」ではなく「2」。そう、「2」って言ってそれだけ。
でも走り始めたらノリノリ!ジェンベははいるわトーキングドラムは走り回るわ、ドラムスはいきなりレゲェ叩くわ。で、ビートがリンガラなんであたしはカントリー弾いた(笑)
約2万4千人が踊り狂ってくれて最高でした!
当方にもいらして下さい。テンポ明記、頭の2小節クリックだけのトラックも作りましょう。
Posted by セッションオヤジ at 2007年05月03日 03:58
トラックバック、ありがとうございます。
狭いジャンルにとらわれずに活動をされているのですね。
機会ありましたら、ライブにお邪魔します。

休日はジャズをがんがん流したい気分になります。
Posted by とよだ at 2007年05月03日 09:07
はじめまして
トラックバックありがとうございます。
私はまだまだ音楽には無知なのですが、最近は少し興味を持ち始めているんです。
全然違う種類の楽器同士が作り出す音楽って、想像しただけでも素敵だなぁと思います。
ライブ、頑張って下さい。
またお邪魔させていただきますね
では
Posted by at 2007年05月03日 12:47
trackback thanx!
小学校のときこんな感じ↑の鑑賞会があって、かっこい〜なあ〜と思ってました笑
じぇーぽっぷしか聴いてなかったんでドラムの違いとか全くわからなかったけど、最近ぐんぐんと耳が肥えてきてます。(`・ω・´)
がんばってくださーい
Posted by nicole at 2007年05月03日 14:23
はじめまして!トラックバック有難うございます。とは言うものの,実はこのごろ,変なトラックバック多くて,よく見ないうちに削除してしまいました。ほんとにごめんなさい。またよかったらトラックバックかけてくださいね。よろしく!!
Posted by hana at 2007年05月03日 15:12
「間の音楽」というのは興味深いです
呼吸が合わないと音楽にならないのでしょうね
Posted by ひろ at 2007年05月03日 19:56
セッションオヤジさん>
わざわざコメントありがとうございます。
アフリカのアーティストも興味深いですねえ。
これからも色々よろしく御願いします。


とよださん>
又よろしく御願いします。
ライブにも是非お越しください。

旭さん>
これからも宜しく御願いします。

nicoleさん>
ありがとうございます。
これからも宜しく御願いします。

hanaさん>
こちらこそ宜しく御願いします。

ひろさん>
そうなんです。
西洋音楽でもブレス(呼吸)が大事でアンサンブルの根本を
成しています。
Posted by ryoji at 2007年05月04日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40622156
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「パフファミリー」最高!
Excerpt: 今日は,年に1度の鑑賞会でした。今年は,和太鼓をヨボウカト思っていたのですが,ス
Weblog: hana先生のつぶやき日記
Tracked: 2007-05-03 15:43

明日はこどもの演奏会
Excerpt: いよいよ明日、第45回「親と子のつどい」に「みなさか和太鼓教室」のこど
Weblog: みなさか和太鼓
Tracked: 2007-05-03 18:43

尺八の思い入れ
Excerpt: 尺八は本来、竹の根の部分を使いますが、数が限られているうえ大きさが一定でないので音程を安定させることは大変困難で、値段も高価にならざるを得ませんでした。そこでリコーダーなどに使われる楓材が選ばれました..
Weblog: 和楽器の感想
Tracked: 2007-08-02 05:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。