2007年09月21日

デイブウェックルドラムクリニックレポートVo2

Weckl8.jpgWeckl9.jpg













今回のクリニックでデイブが使用したドラムセットは
「ヤマハオークカスタム」。
メーカー側が用意したものです。
ヤマハのスタッフが1名ついて来られました。

キックは20×17インチを使用。
タムはいつものように10,12,14,16インチを使用。

スネアはデイブの現行モデルが海外に行ってしまっているため
旧モデルの14、13インチ(メイプルシェル)を使用。

ヘッドはすべて「レモコーテッドアンバサダー」
(すべてノーミュート)(裏はすべてクリアー)

キックの中にレモのマッフリングシステムを打面、フロント
両面に装着。
キックの前面を少し浮かしぎみにセット。

フットペダル(ツインペダル)はダブルチェーンのものを
スタッフがベルトドライブのパーツを持ってきていて、
わざわざ交換。
スプリングは少し強め(僕の感覚からすると)。
ハイハットスタンドも少し強め。

シンバル類はデイブが持ってきたものです。
ライドは「セイビアンレガシー」22インチ(2リベット付き)。
ハイハットも「セイビアンレガシー」14インチ。

あとのシンバル類はおなじみの「セイビアンエヴォリューション
シリーズ」を使用。

デイブのこだわりはシンバルのフエルトの厚さ。
通常の半分の厚さ、1/3の厚さなど細かく指定。
ハイハットの受け皿もゴムからフエルトに交換。

ベースドラムの上のタムホルダーベースも
「2穴式」(現在廃盤)でないとダメ!!

ヨーロッパツアーの折、このパーツがなかったため
「Fu○K!!」というメールがスタッフに届いたそうです。

カウベルはブーム式のカウベルホルダーを使用。

あと14、16インチのラックタムのセッティングは
フロントのタムから流れるような向きにセット。
ドラマーから反対の向こう側の向きに少々傾いています。
これにはビックリ。

やはりこだわりはたくさんありそうです。
(心境はよくわかります)
posted by リョージ at 00:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。