2007年11月23日

ニールソーセンプライベートレッスン

ニール2007.jpg






かのフレディーグルーバー(注)に30年にわたって師事していた
ニールソーセン氏のプライベートレッスンを受けてきました。

ニールは僕の古い友人である「手数王」菅沼孝三氏が毎年この時期に
L.Aから招いて集中レッスンを開講しているもので、
僕は一昨年に続き二度目の受講です。(去年はスケジュールがあわず断念)

レッスンは横浜にある孝三氏の自宅兼スタジオである「孝三道場」で
おこなわれました。

今回は「フィンガーコントロール」を中心に色々なメソッドから
エクササイズをピックアップしてのレッスンです。

エクササイズ自体は非常にシンプルなものなのですが、
ニールからの指示は非常に難解でアップストロークは絶対スクイーズしない、
左手のフィンガーは人差し指、中指のみで、薬指小指は絶対使わない等々。

今回判明したのは「フレディーグルーバーシステム」独自の「デッドスティック」
は初心者が基礎的な筋力をつけるためにおこなうもので、上級のエクササイズ
ではないということでした。

「モーラーテクニック」に関しては「ジムチェイピン」のモーラーは
「サンフォードモーラー」直伝のモーションで、
あくまでもスネアドラムを中心とした「マーチングドラム」
のテクニックであること。
それに対して「フレディーグルーバー」のモーラーは
「ドラムセットプレイヤー」が使うために改良されている、との事。

「エロンゲーティングモーション」のレクチャー。
実際にバディリッチがこのモーションを使っている映像の話。

「カウンターモーション」のレクチャー。
これはバディリッチのやり方とは少し異なるということ。

「フットテクニック」
これは「ベースドラムコントロール・コリンベイリー著」からエクササイズ
をピックアップしてのレクチャー。
そしてフレディグルーバー自身がおこなっているフットワークモーションの
レクチャー。

etc・・・

1時間のレッスンですが非常に内容の濃い充実した「超ハイレベル」
なカリキュラムでした。

また来年も受けたいものです。

ちなみに今回は台湾から若きプロドラマー君も参加。
彼は10日間のレッスン期間中、ほぼ毎日受講。

1レッスンが「¥C万D千A百」だから
台湾からの交通費+日本での滞在費+10回分のレッスン代・・・ひぇー!!
すごい向学心です。


(注)フレディーグルーバー:
バディリッチの親友でバディリッチのテクニックを研究して独自のメソッド
を確立。
門下にはデイブウェックル、スティーブスミス、ニールパート、
アダムナスバゥム、ピーターアースキン、など世界超一流のドラマー達が
いる。
posted by リョージ at 04:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。